こんにちは 

末宗小児科医院

小児科

アレルギー科


はじめに

 病気を治すだけではなく、子どもが元気に育ち、

お母さんが楽しく子育てできるようにお手伝いします。

 子どもは病気になっても自然な治癒力が強いので、

自然に治るのを手助けするような診療を心がけています。

おしらせ

☆休診のお知らせ

 

3月3日(水)の10時~12時30分の間、臨時休診とします。

9時~10時、および午後の診療は通常にします。

発熱外来

発熱(37.5C以上)がある方は、発熱外来時間帯(9:00~11:00)に受診して下さい、他の方と分けて診療を行います。やむを得ない場合には一般外来時間帯でも診療します。


☆予防接種のお知らせ

 

◇各種予防接種をご希望の方は事前に予約をお願いします。

 当院は予防接種・乳児検診の診療時間は、感染症の方とは時間を分けているので安心して受診してください

 

 ◇予防接種を受けましょう

現在、新型コロナウイルス感染症が流行し、感染を恐れての予防接種の接種の差し控えがあります。

予防接種の差し控えでワクチン接種が遅れると、

はしかや百日咳などの他の病気になってしまうリスクが高くなります。

通常通りの予防接種をするように現在、医師会からも注意が出ています。

 

 

 

ロタワクチンの定期接種化

令和2年10月1日よりロタワクチンが定期接種となります。

ロタワクチンはロタウイルスによる胃腸炎を軽症化するワクチンです。

 

対象:令和2年8月1日生まれ以降の児

   生後6週~32週の間に3回接種

 

         

子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンは、現在定期接種として続いています。フィンランド、スウェーデンでは、ワクチンにより子宮頸がんの減少が報告されています。

日本産婦人科学会、日本小児科学会も子宮頸がんワクチンの有効性、安全性を認めています。

小学6年生から高校1年生の女子のいる家庭では、もう一度ワクチンについてご相談ください

詳しくは病気のおはなしをご覧ください。


☆アレルギー関係

◇ダニの舌下免疫療法について

 ダニの舌下免疫療法を行っております。

 対象は5歳以上の通年性アレルギー性鼻炎の方です。

 詳しくは医師までご相談下さい。

 

 

◇スギ花粉症

スギ花粉症の方は春からの症状を軽くするために、症状が出る前の2月初めに初期治療を始めましょう

 初期治療には内服薬(抗ヒスタミン薬)を内服しましょう。

 

 スギ花粉症のシーズン中は、舌下免疫療法はできません。

 スギ花粉症が激しく、舌下免疫療法を希望する方は、スギ花粉症のシーズンの終わった

5月、6月以降12月までに舌下免疫療法を始めてください。

 

◇食物アレルギー

食物アレルギーのある方には、経口食物負荷試験をしています。

毎年春には、アレルギー児学校生活管理指導表の提出を求められるので、保育園、幼稚園、学校に通っている方は、早めに血液検査、食物経口負荷試験を受けてください。

  食物アレルギーのある方にも食物負荷試験により、食物アレルギーがより早くが改善するように食事指導をします


☆新型コロナウイルス

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、スタッフが処置の時にマスク、手袋、あるいはゴーグルを使用することがあります、ご了承ください。

  

 発熱や、咳が続いたりして、新型コロナウイルス感染症が心配な人は、保健所に電話相談をしてください。

当院を受診する場合には、前もって電話をしてください。


お問い合わせ

住所:岡山県岡山市北区富田503-5

℡:086-227-3322